20代女性にインタビュー&5冊選書「『買って読まなかった本がある人』にはぴったり!またリピートしたいです」

選書のご感想

「一万円選書」のインタビューから、選書完了までの体験レポート!

依頼者さん:20代女性

今回、実際にどんな感じで選書を行っているのかリアルにお伝えするために、ふだんはオンライン(Web電話)でのやりとりを、特別に対面にてインタビュー。お写真なども交えながら、雰囲気も伝わるように、ご紹介していきます!

ニックネーム: けいこさま(20代女性)/ 体験日:2020年3月11日

選書前の読書状況・お悩み

<読書状況>自分のモチベーションが高いときは、読みたくなる。読む時期と読まない時期は、けっこう気まぐれ。

<本のお悩み>気が向いたときにしか本を読まないので、「もっと他にも読んだら得られる本があるのでは?」と思う。買ったのに読む気にならず、メルカリに出している本とかもある。

インタビュー、スタートです! 約50分間、お話をお聞きします。

【パート1】「はい/いいえ」の質問で、興味や傾向をヒアリング。タイプ診断や傾向をお調べします。(約10分)

「社会のアウトローな部分や犯罪心理」に興味アリ!「性格出ちゃいますね」という感想も。和やかな空気でインタビューが始まりました。

インタビューの最初は、肩慣らし。お話するモードになっていなくても答えやすい、「はい/いいえ」の選択式の質問をしていきます!

選書人 かとう

本の読み⽅などについて、お答えください。まずは、、「知識が増えると楽しい」といったことはありますか?

けいこさん

それは、あると思います。「はい」でお願いします~。

選書人 かとう

次は、興味があるかどうかをお教えください。ええと、「社会のアウトローな部分や犯罪⼼理」への興味はどうですか?

けいこさん

あります!

選書人 かとう

そうなんですね~。(笑)

けいこさん

あ、そういうのも気になります。つい、性格が出ちゃいました(笑)

【パート2】「印象に残っている本」について、ヒアリング。好きな本の感想や印象に残った本など、しっかり書きとめます。(約20分間)

「話題すぎる本」は、ちょっと苦手。。最近読んだ小説では、「繊細さを感じる表現や日本語の音の響きに心を惹かれる」とのこと。

読む本の傾向などをお聞きした後に、印象に残っている本のご感想などをお伺いしていきます!

選書人 かとう

印象に残っている本や、お好きな本がありましたら教えてください。

けいこさん

そうですね~…。

最近読んで面白かったのは、『利休にたずねよ』ですね。

知らないことが知れて、よかったです。あとは、こんなきれいな⽇本語あるんやあって。

ただの茶碗なのに、すごい艶っぽく表現したりとか、こう持つからきれいとか、繊細な表現がすごいな あ、と思いました。

選書人 かとう

なるほど~。(カチャカチャ…)

ちなみに、子どもの頃から、本は読まれていましたか?

けいこさん

そうですね~。けっこう気まぐれでしたが、気になるのは読んでました。

…なんでしたっけ、森絵都さんの『カラフル』? あと、『⼗⼆番⽬の天使』とか。

少し不思議な世界とかファンタジーとかも好きだったんですよ。『ハリー・ポッター』も好きで、大人になった今、もう一度ちゃんと読み直したいなあと思っています。

選書人 かとう

そうなんですね~。(カチャカチャ…)

反対に、あまり好きではない本などは、ありますか?

けいこさん

う~ん。話題すぎる本、とかかなあ。。

偏屈な性格やから。話題すぎると、はやりには乗れへんぞ、と思ってしまいます。(笑)

選書人 かとう

なるほど~(笑) わかりました!

【パート3】「お仕事や趣味」について、ヒアリング。その場で、今のその人の「話したいこと」が話せるように、質問を重ねます。(約20分間)

今は、営業の仕事が楽しい。もっと、いろんな人と関わったり、頼られたりできるように、自分を高めていきたい!

選書人 かとう

休⽇の楽しみや、最近気になっていることなどはありますか?

けいこさん

最近は、茶道したいな~、と思っています。

着物が着れるようになったので、着物でおでかけしたくて。お花とかお茶とか、⽇本舞踊とか、きっかけがあったらやってみたいです。

選書人 かとう

そうなんですね! 着物に興味を持たれたのはなぜですか?

けいこさん

着物は着せてもらうものだと思っていたのですが、やってみたら出来るようになって、それがうれしかったです。

あとは、高校の時、弓道もやっていんですよ。それもあるかもしれません。

選書人 かとう

へええ、弓道されていたんですね。なるほど!(カチャカチャ…)

…なにか、武道や茶道の、「道」というか、そういう部分に興味がおありでしょうか?

けいこさん

そうですね! 興味があると思います。

ぜんぜんその、その道の師匠になりたいとかはないのですが。⽣活の中に取り⼊れたいなあという気持ちです。

選書人 かとう

お仕事で楽しかったことなどがありましたら、教えてください。

けいこさん

そうですね~。…最近なのですが、営業先のお客さんを怒らせてしまったことがあって。すごく悲しくて、どうしようかなあと、そのときは落ち込んだのですが…。

それから、お手紙を書いたり、贈りものをしたりしたんです。それで、半年くらいかけて、やっとそのお客様に「折れました、会いましょう」と言ってもらえて。それが本当にうれしかったです。

選書人 かとう

すごい!(カチャカチャカチャ!!)

それはうれしい出来事ですねえ。

けいこさん

はい! 好きなお客様だったので、ほんとうにうれしかったです。

選書人 かとう

なるほど~。すてきなエピソードをありがとうございます!

なんというか、これからも今のお仕事をがんばっていきたい、というお気持ちなのでしょうか?

けいこさん

はい、今の仕事が好きですね。もっとお客さんから頼ってもらえるように、スキルアップしていきたいです。

そのために、知識とか話題とか、まだまだだなあと思うのですが。 受容⼒というか、包容⼒とか、受けとめられる⼈間になりたいです。

選書タイム! 約10分間、全力で本を紹介します!

お話をもとに本をお選びして来ます!(約2~3分間)

お聞きしたお話などから「これはどうかな?」と思った本たちを、あたらめて整理。全体的なバランスも考慮して、本をお選びします。

選書人 かとう

…それでは、インタビューはここまでとなります。本をお選びしてお持ちするので、少々お待ちいただけますか?

2~3分ほど、休憩となりますので、ごゆっくりされてください!

けいこさん

わかりました~。

どうなるのか、まだわからないですねえ~。ドキドキしながら待ってます(笑)

選書人 かとう

…お待たせしました!こちらの5冊になります~。

ちなみに、この中にすでにお読みでしたり、お持ちだったりする本は……、ありますか?(ドキドキ)

今回お選びした5冊の本たち

今回お選びした5冊の本たち

けいこさん

わー! へええ~…。

この本と、この本はタイトルだけは知ってます。でも、読んだことはないです~。大丈夫です!

選書人 かとう

よかったですー!

では順番に、ご紹介していきますね!

本を一冊ずつ、全力でご紹介します!興味を持てるポイントを起点に、本をご紹介。本とその人をおつなぎします。(約10分間)

お選びした本について、一冊ずつ、内容と選書理由をご紹介していきます。(今回は、5冊のうち、3冊をピックアップして、選書の様子をお伝えしていきます!)

【1冊目】カソウスキの行方 (講談社文庫) / 津村記久子

 

 

 

 

選書人 かとう

こちらはですね、中篇3つの小説になります。話題作すぎる本は苦手、というお話でしたが(笑)、こちらの作家さんの書く登場人物たちは少し変わっているというか…、

とても自分たちに似ているんですね。小説に出てくるのに、ちっとも特別扱いされていなくて。

こう、調子の良し悪しって、誰でもあると思うんですけど、その「ちょっと調子が悪いとき」でも読みやすい作家さんなんです。また、この本はちょうど私たち世代というか、30代前後の人たちの話なので、そういうところも、おもしろいです。

けいこさん

なるほどー!へええ。そんな作家さんいたんですね。
おもしろそう、読んでみたいです!(笑)

【2冊目】銀の匙 (新潮文庫) / 中勘助

 

 

 

 

選書人 かとう

次は、こちらの本になります。日本語のきれいさや響きがとても印象的な本なので、お選びしました。なんというか、ちょうど分かりそうで分からない、昔のことや言葉づかいが出てきて、後ろの注釈を読みながらでも、とても勉強になる本です。

タイトルはご存知とのことですが、これは灘高校の国語の授業での教材としても、脚光を浴びたことがある作品なんです。この本1冊を、6年間かけて学ぶという。その授業を受けた人たちが、「国語力」を身につけて、弁護士さんとか、外交官として活躍されたり。

その内容についての本も出ているので、もし興味があれば、そちらもおすすめです! また、新聞で連載されていたので、短い段落のまとまりなので、短いスキマ時間でも読みやすいと思います。

けいこさん

いいですね! ちょうど、『利休にたずねよ』でも、わからないところは、調べながら読んで、それがすごく勉強になったんです。なので、それくらいの本が読みたいなあと思っていました!

【4冊目】武道的思考 (ちくま文庫) / 内田樹

 

 

 

 

選書人 かとう

この本はですね、武道についての本になります。茶道などの、「道」に興味がおありということでお選びしました。ただこれが、ふつうの武道の解説書ではないんです。

この著者が、ちょうど70年代安保に参加していた世代で、戦後の大人たちを見て育った世代なんですね。それで、戦後の違和感というか、その時代に感じていたことへの洞察が最後の方に書かれていて、それが私としては、とても衝撃でした。

お仕事で、年配の方のお客さんに対応されることが多いかと思うのですが、そういうときでも、その世代の考え方というか、思想的なバックボーンを知っているのって、大きいと思うんです。

日本全体の空気感というか、今に続く日本の気持ちや雰囲気の理解も深まるというか、国家というものの捉え方や政治的な目線も、得られます。

けいこさん

なるほど、いわゆる、国家といっても偏った思想とはちがいそうですね。面白そう!
武道の本ってものすごく古いか、視点が極端なイメージだったので、選んでもらえてすごく嬉しいです。

翌日、お手元にインタビュー結果と選書結果が届きます。

インタビューの内容を整理して、分析。選書結果の文章は、お心をこめて丁寧にお書きしています。

お聞きした内容は、Googleフォームに丁寧にお書きします。

当日のインタビューでは、聞きながらメモをしているのですが、その時の勢いもあるので、きちんと読める言葉になるように、再確認。その時のノリも大切にしながら、内容を整理し、PDFファイルにしてお届けします。

ご回答内容などを分析して、タイプ診断や満足度ポイントをお調べします。

最初の方に「はい/いいえ」などの選択式で回答いただいた質問をもとに、タイプ診断を実施。各要素ごとの傾向を調べて、解析し、グラフをおつくりします。

口頭でお伝えした、本の紹介や選書結果を文章に。「①下書き」⇒「②パソコンで清書」⇒「③紙に出力してチェック」を行い、クオリティを保ちます。

お選びした5冊の本の紹介と、選書理由を1枚のページにお書きして、お渡しします。本の情報に加えて、どのようなことをお伝えしたのかも思い出して頂ける内容です。

文章は、下書きをしたり、何度もチェックしたりしながら、お心を込めてお書きしています。

①選書理由と本の紹介を下書きします。

②パソコンで清書します。

③清書したものを出力し、誤字脱字や内容の再確認をします。

インタビュー内容と選書結果は、PDFファイルにして完成です。

メール添付にてお届けします!

選書人 かとう

お待たせしました。インタビューの内容と、選書結果をお届けします~!

▲1ページ目(5冊の本紹介と選書理由)

▲2ページ目(タイプ診断結果)

けいこさん

わぁ!!ほんとに翌日に!
ありがとうございます^^

選書の体験を受けていただいた、ご感想を聞きました!

「インタビューはあっという間。実際の時間よりも短く感じました!」

インタビューでは、じっくり話をお聞きして、その後のターンでしっかりお返しします!

選書人 かとう

今回選書を体験されてみて、いかがでしたか?

けいこさん

とても楽しかったです!

1時間近いインタビューと聞いて身構えていたのですが、あっという間でした! 実際の時間よりも短く感じました。質問もよかったんだと思います。

選書人 かとう

ほんとですか、よかった! ありがとうございます。

けいこさん

あとは、インタビューパートと選書パートにわかれていると思うのですが、インタビューのときはひたすら話を聞いてくれて、そのあとの選書のときにものすごい熱量で話してくれたので、そのギャップに萌えました(笑)

「自分で選ぶ時と違うので、新鮮でした!もう1冊目から、読みたいー!ってなりました(笑)」

それまでお聞きした内容や雰囲気などをもとに、いちばん「読みたい!」と思ってもらえる「ツボ」を意識しながら、お選びします。

選書人 かとう

選ばれた本については、どう感じましたか?

けいこさん

なんというか、自分がインタビューで話したことの、さらにその背景とかを考えて選んでもらえたのが、よかったです。説明を聞きながら、「そこそこ!」と思って、感動しました。

選書人 かとう

ありがとうございます!

自分で本を選ぶ時とは、どのように違いましたか?

けいこさん

そうですね、自分で選ぶときはジャケ買いというか、表紙とかでなんとなく選ぶので、これだけ本のことを知った上で読むことがなくて新鮮です。本の紹介も、ちょうどいいところで止めてくれて、もう一冊目から満足というか、「読みたいー!」ってなりました(笑)

「『本をそんなに読まない人』にも良さそう。みんなに受けて欲しいです!」

本をよく読む方も、苦手な方も。いろんな方と、本のお話をしていきたいと思っています。

選書人 かとう

選書サービスをどんな人におすすめしたいですか?

けいこさん

えーと、うちの旦那さん!(笑)

あとは、たぶん『本をそんなに読まない人』にも良さそう!と思いました。

本のことを嬉しそうに紹介してくれるのがいいなあと。あと、私みたいに、本を買ったけど読めなかったという経験のある人にもぴったりだと思います。みんなに受けて欲しいです!(笑)

選書人 かとう

ありがとうございます!

本が苦手な人だと感じている方にも、「読みたい」と思って頂けるような選書をしていきたいです。

選書結果をお送りした翌日には、選んだ本を入手したというご連絡を頂きました!

けいこさん

選んでもらった本たち、週末のお供にゲットしましたよ~!

選書人 かとう

わーうれしい!

ありがとうございます~!

 

以上、体験レポートをお伝えしました!

ぜひ、お心に残る本との出会いをお届けしたいと思っています。また、サービス内容などについてご不明な点がありましたら、お気軽にお訊ねください。

最後までお読みいただき、ありがとうございました!

⇒ 一万円選書のご感想をもっと見る